ファッション通販

通販というと、紙のカタログを思い浮かべるでしょうか?それとも、ウェブショップでしょうか? これで、だいたいの年代がわかるかもしれませんね。
このページでは、ここ10年ほどで環境が大きく変わってきたファッション通販について、見ていきたいと思います。

ファッション通販についてあれこれ

ファッション通販

通販全般で見てみると、19世紀後半頃に米国で地方のファーマーたちを対象としたカタログ販売の開始が
起源とされています。この頃には鉄道網や郵便網の整備が進み、19世紀末期には「シアーズ」などの大手の
カタログ販売小売業者が設立され、今日のようなカタログ販売の基礎が作られたわけです。

日本では1876年に始めたトウモロコシの種の通販が最初とされています。
日本で通販が産業として確立したのは戦後で、ラジオやテレビによる通信販売、
大手百貨店の通信販売への参入が始まります。1960年代にはカタログ販売の主要業者が設立され、
1970年代頃からはテレビショッピング、ラジオショッピングの形でも行われるようになりました。

ファッション通販に関しては、2000年代初頭まではカタログやテレビショッピングが主流となっていました。
しかし、2000年代初頭からの急激なインターネットの普及とウェブショッピングの一般化によって
情勢が変わってきています。インターネットのほうがカタログよりも商品の詳細がわかりやすくなったこと、
そして何よりも気軽さが、ウェブでのファッション通販が支持される大きな理由となっているようです。
今後はさらに、ファッション通販のスタイルが変わっていくことも予想されます。こちらも、要注目ですね。